2015年08月28日

入院生活C

今日は夜中の搾乳もしたので、3時間おきに起こされて、ずっと眠い状態でした。
さて。
今日は初めて電動の搾乳機を使ってみました。
それまでは、指でつまんで刺激して、出てきた1滴ずつをスポイトで集めるという、かなり労力のかかることをやっていました。

電動搾乳機は、両胸一気に搾乳できる上に、手絞りみたいに痛くない!
しかも絞れる分量も、飛躍的に増えました。

くーちゃんのミルクは順調にストックが増えていっているようです。
退院後すぐにストック切れになる心配はなさそうです。

それにしても、ひたすら眠い。
せっかくくーちゃんに会いに行っても、ぼーっとしてしまいます。
お昼寝とか、細かくしないともたなくなりそうです。
posted by 管理人 at 00:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

入院生活B

今日も朝からくーちゃんのための搾乳で一日が始まります。
11時のミルクの時間から、旦那さんと一緒にNICUに向かいます。
くーちゃんは基本よく寝ていて、オムツを替えてもミルクをあげても、全然起きません。

私たちがいない時にお腹すいて泣くそうですが、いつもタイミングが悪く、くーちゃんが諦めて寝た頃に行ってるようです。

お昼ご飯に、ホテルニューオータニのお祝い御膳をいただきました。
神戸牛や伊勢海老など、美味しい食材をふんだんに使った豪華なものでした。
一緒にお産を乗り越えてくれた旦那さんと半分こして食べました!
すごい美味しかった!

うちの実家のサポートはないので、旦那さんは毎日カプセルホテルに寝泊まりしています。
私の入院中の洗濯物までやってくれてます。
ご飯もコンビニとか外食ばかりで、不便で不健康な生活を強いてしまって、恥ずかしいし申し訳ないです。

里帰り出産とはいえ、実家のサポートはあまり期待できないと思っていたので、親孝行が目的で帰ってきてたけど、こんなにイレギュラーが起きても親孝行を求められる状況が、本当に残念です。
余計に費用がかかって、旦那さんに大変な思いをさせてしまっただけになり、反省しています。

早く横浜の自宅にくーちゃんをお迎えして、暖かい家庭の中で愛情を注いであげたいと思います。

搾乳、だんだん痛くなってきた…。
熱くなってきてるし、けっこう不安。
posted by 管理人 at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

入院生活A

くーちゃんが産まれてから、入院生活はすごく忙しくなりました。
3時間おきに母乳を絞ってNICUに持って行き、くーちゃんのオムツを替えて、抱っこしてミルクをあげます。

くーちゃんは今日の朝からミルクを飲み始めています。
夕方には保育器から出て、ベビーコットという、蓋の付いていないベッドに移りました。

慣れない新米の私と旦那さんとで世話をしていると、あっという間に1時間くらいが経過してしまいます。

病室に帰ると1時間半くらいで、次のミルクの準備をしないといけません。
超忙しい。
旦那さんも、朝から夜までくーちゃんのお世話に参加してくれています。

母乳もそんなに頻繁に絞っても、だんだん痛くなってくるし、大変です。
でもくーちゃんがミルクを飲んでくれたり、抱っこして寝ちゃったりするのを見ると、愛おしくて幸せな気分になります。

退院は私が1人先にしてしまうので、今ほど頻繁に通えなくなるのが寂しいです。
旦那さんなんて、自宅に帰ったら長期間会えなくなるのでもっと寂しいはず。

自宅の近くだったら楽だったのになーと思いますが、仕方ないです。
頑張って毎日通ってあげたいと思います。
posted by 管理人 at 21:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

お産

33週2日で、前期破水をしてしまい、入院をしていましたが、とうとう張り止めをいくら増やしても、子宮の収縮を止められなくなってきました。
週末で旦那さんが来てくれていたのですが、徐々に痛みを伴う子宮収縮がきて、とりあえず旦那さんが横浜に帰った後、あまりに張るので当直の先生の診察を受けました。

子宮口は指一本分くらいでまだまだとの事でしたが、モニターつけたりいたいの我慢したり、大部屋だと良くないだろうという配慮で、急遽一人部屋へ移動しました。

移動した後は、10分以下の間隔で、収縮を繰り返すお腹と戦いながら、一晩をあかしました。
旦那さんは横浜からLINEで援護射撃。
寝ずに付き合ってくれて感謝です。

朝になって、痛みがやっぱり強いので、当直の先生に再度内診をしてもらいます。
子宮口は5センチ開いており、一晩かけてじっくりとお産を進めていたのでした。

もう止まらない事が確定したので、点滴を抜いて、LDRのお部屋へ。
そこは、陣痛、分娩、回復を同じ部屋で行うところです。

旦那さんが始発で駆けつけるまで、ひたすら痛いのを耐えて耐えて、過ごしました。
点滴を抜いてから、出産までは、3時間半と、びっくりするくらいスムーズでした。
初産にしては安産でよかった。

くーちゃんは、早産児となり、NICUに入りました。
旦那さんと一緒に会いに行った時、感動で涙が止まりませんでした。
この子を大切に育てようと、心から思いました。

自発呼吸できているらしく、最低限のモニターをつけられて、小さな保育器に入っている我が子を見て、本当に愛おしかった。
旦那さんにも立ち会ってもらえてよかったし、一生懸命支えてくれた事、感謝しています。

お見舞いに駆けつけてくれた両家の親も、お産に携わってくれたすべてのスタッフの人にも、たくさんの人に支えられて、子供を授かる事ができました。
この幸福を繋いでいけるよう、きちんと生きていきたいと思います。

命の誕生って素晴らしい。
この世のすべてに感謝。
posted by 管理人 at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

入院生活@

大阪の北野病院という総合病院で、入院生活をスタートさせました。
市民病院とは比べ物にならないくらい、立派で行き届いた病院です。

くーちゃんは元気で、昨日の夜に張り止めの薬を増やしてからは、お腹の張りも抑えられているようです。

胎児の器官で最後に出来上がるのが肺らしく、その完成を促すための痛い注射も2回頑張りました。

点滴24時間に加え、毎日の採血、週一回の検診、必要な時投薬があるそうです。

感染症さえかからずに、うまく張り止めの点滴が効き続ければ、37週目までもたせたいです。
経管長も子宮口も問題ないので、陣痛さえ始まらなければ。

くーちゃんのために安静にして、ヒプノの練習しながら過ごしたいと思います。
土曜日に旦那さんが来てくれるそうです。
嬉しい。
posted by 管理人 at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

前期破水

最後の冒険が、本当の最後になってしまった……
早朝に目が覚めたら、下半身がびしゃびしゃ。
尿漏れのひどいやつかと思ったけど、止まらなくて、大量に水が出続けた。
びっくりして病院に電話。
とりあえずきてくださいと言われ、病院へ。

完全に破水しているとのことでした。
まだ33週なので、予約していた病院では産めないとなり、先生が大きい病院に電話してくれました。

1件目断られて不安になったけど、2件目で受け入れ可能と言われ、救急車で運ばれました。

採血と点滴をふんだんに行われ、絶対安静を言い渡されました。

先生は昨日のお出かけは関係ないって言ってくれたけど、なんでこんなことになったんだか……
張り止めの点滴で、どこまで頑張れるかにかかってます。

くーちゃん、まだ出てこないで頑張って。
posted by 管理人 at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

初診と最後の冒険

昨日、旦那さんが横浜から日帰りで来てくれて、初めて産院で検診を受けました。
他の病院から紹介されてきた未知の患者の私なのに、診察は一瞬で終わり。
内診をちょっとして、全然下がってきてない。と一言。
そりゃそうだよ。
33週でそんなに下がってきてたらヤバいって。
エコーでくーちゃんのサイズを測ることもなく、お腹の張り具合を見ることもなく、あっけなく終わりました。

先生との問診は、旦那さんが同席してくれたんだけど、薄〜い内容で、これからこの病院で産もうとしてる人に対して、そんなんで大丈夫かという感じでした。

バースプランは助産師さんとの話し合いで、その助産師さんがヒプノ出産の経験者であったことが、唯一の救いでしたが、重要なポイントはほとんどダメと言われ、がっかりしました。

口コミが良くて選んだ産院だったけど、もうちょっと良く考えた方がよかったのかも。

せっかく不安を手放してきたのに、新しく不安が増えてしまって、怖くなってきました。
張り止めも処方してもらえず、家で安静にしておきなさいとのこと。

このままだと、家から出れないままお産を迎えるかもと思い、最後のお薬のある今日、最後の冒険に出ることにしました!

梅田で友達とランチして、行きたかったパン屋さんでパンを買い、美味しい紅茶屋さんで長話をして、帰ってきました。
久々に超楽しめました!!
こういうの、大事!

病院でおっぱいマッサージされて、泣きそうに痛かったけど、生まれてからだともっと痛いと聞いたので、これから家から出れないなら、マッサージしたり、ヒプノの練習をして、お産に備えたいと思います☆

ちなみに、おっぱいマッサージは本来痛くないらしい。
産んでからもダメそうだったら、桶谷式に頼ろうと思います!
posted by 管理人 at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

里帰りに向けて

昨日、かかりつけの婦人科で最後の検診でした。
市民病院に入院したことと、くーちゃんが大きいと言われたことを伝えたので、結構念入りに見てくれました。
くーちゃんの成長は、やはり急にちょっと大きくなったらしく、この調子でいくと、結構大きめらしい。
頭で測ってもお腹で測っても、やっぱり大きいって。
1800gを少し超えるくらいの体重のようです。

さて。
今週末、とうとう里帰りをします。
最近涙腺が崩壊してるらしく、里帰りで旦那さんと会えなくなるのが寂しくてめそめそしたりしてます。
今日なんか、くーちゃんの下着(すぐ使えるように洗った)をたたみながら、幸せすぎて涙が止まらなくなっちゃって、私大丈夫か。と自分が心配になりました。

子供ってそう簡単にできるものじゃなくて、できたとしても無事にお産を迎えることができない可能性も抱えながら、何ヶ月もお腹に宿して来れたことは、本当に奇跡だと思います。
こんな幸せな経験ができることに感謝してます。

実家に帰ったら、くーちゃんのために環境を整えて、いつ生まれてきても大丈夫なように、しっかりと準備をしないと!
posted by 管理人 at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。