2015年08月18日

初診と最後の冒険

昨日、旦那さんが横浜から日帰りで来てくれて、初めて産院で検診を受けました。
他の病院から紹介されてきた未知の患者の私なのに、診察は一瞬で終わり。
内診をちょっとして、全然下がってきてない。と一言。
そりゃそうだよ。
33週でそんなに下がってきてたらヤバいって。
エコーでくーちゃんのサイズを測ることもなく、お腹の張り具合を見ることもなく、あっけなく終わりました。

先生との問診は、旦那さんが同席してくれたんだけど、薄〜い内容で、これからこの病院で産もうとしてる人に対して、そんなんで大丈夫かという感じでした。

バースプランは助産師さんとの話し合いで、その助産師さんがヒプノ出産の経験者であったことが、唯一の救いでしたが、重要なポイントはほとんどダメと言われ、がっかりしました。

口コミが良くて選んだ産院だったけど、もうちょっと良く考えた方がよかったのかも。

せっかく不安を手放してきたのに、新しく不安が増えてしまって、怖くなってきました。
張り止めも処方してもらえず、家で安静にしておきなさいとのこと。

このままだと、家から出れないままお産を迎えるかもと思い、最後のお薬のある今日、最後の冒険に出ることにしました!

梅田で友達とランチして、行きたかったパン屋さんでパンを買い、美味しい紅茶屋さんで長話をして、帰ってきました。
久々に超楽しめました!!
こういうの、大事!

病院でおっぱいマッサージされて、泣きそうに痛かったけど、生まれてからだともっと痛いと聞いたので、これから家から出れないなら、マッサージしたり、ヒプノの練習をして、お産に備えたいと思います☆

ちなみに、おっぱいマッサージは本来痛くないらしい。
産んでからもダメそうだったら、桶谷式に頼ろうと思います!
posted by 管理人 at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。